記事一覧

官庁公開フェスティバル

こんにちは!チューターの道田です。
今日は官庁公開フェスティバルについて少し書きたいと思います。
先日予約受付がありましたがみなさん忘れずに予約できたでしょうか。
今後も受験の申込から説明会の予約などたくさんあるので
日程の管理が大変だと思いますが、
忘れて過ぎてしまわないように気をつけてください!

私が説明会などに参加する上で気をつけていたことを
何点か書こうと思います。

①説明を聞いているときの姿勢を意識する
とても当たり前のことですが、一番意識するべきだと思います。
少しでも気が抜けてしまうと足を組んでしまったり、
猫背になってしまったりしてしまいがちなので、、、
相槌をしっかりするなど自分が興味を持って聞いている
ということが伝わればとても良いと思います。
官庁公開フェスティバルでは基本的に人事の方が来られるので
悪い印象を残してしまわないように気をつけましょう。
多くの人が参加しますが意外と覚えられているそうです。

②質問をしっかり考えていく
官庁公開フェスティバルでは必ず質問する時間があります。
その官庁に関する質問を5個ほどずつは
事前に考えていったほうが良いです。
「職場の雰囲気は?」などのどこでも使える質問と
その官庁専用の質問とを分けてメモしておくと便利です。

③説明会が終わった後にすぐに帰らない
官庁によりますが、説明会が終わった後に
職員さんが残って質問など受け付けている場合が多いです。
その時間を利用して少しでも人事の方に顔を覚えて貰おうと
意識していました。

④どのように説明会が行われるのか事前に把握しておく
質問する時間はどれくらいるのか、
若手の方に質問できるのかそれともベテランの方なのか、
挙手制なのか順番に当てられるのか、
など事前に把握しておくと準備もしやすいです。
毎年同じような形式ですることが多いので
去年の情報を調べておくと良いと思います。
ちなみに私は昨年、近畿経済産業局・近畿財務局・
大阪労働局・京都労働局に参加したので、
是非参加する予定があれば聞きにきてください!

以上です。
体調には気をつけて頑張って下さい!!

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー