記事一覧

模試の活用

こんにちは、花粉症に苦しめられており
ます、川部です!
久しぶりのブログです。

今回は模試についてお伝えしていこうと
思います。
実際、私は3月に1回、4月に2回、計3回
模試を受けました。
私が模試で意識していたことは主に3つあります。

1つ目は本試験に近い環境での時間配分と場慣れ
です。
実際に本試験では時間が足りないといったケース
はよくあります。
そこで模試を活用して、事前に考えた時間配分や
問題を解く順番を試して自分にあったスタイルを
確立していました。これだけだと模試を受けなく
ても、自分で時間を計って過去問を解けばいいの
ではと思われた方もいると思います。しかし、
自分で時間を計って解くのと模試を受けて問題を
解くのとでは緊張感や時間感覚といった心理状況
が全く違います。実際に模試を何回か受けていく
うちに本番ではいい緊張感で試験を受けることが
できました。

2つ目は目標を設定して挑むことです。
「まだそんなに勉強が進んでいないから模試を
受けても意味がない」と言ったことをよく聞きます。
確かにお金もかかりますし、受けるなら良い点を取り
たいといった気持ちもわかります。しかし、私は模試
を活用して勉強のペースを管理していました。
例えば次の模試で数的判断を半分以上取ると目標を
設定し、その目標を達成するために模試までにどう
いった勉強をすべきかスケジュールを立て、こなし
ていくようにしていました。期限や目標を設定する
ことで計画も立てやすく効率よく勉強をすることが
できました。

3つ目は間違った問題を徹底的に復習することです。
模試で低い点数を取ると落ち込んでしまいます。
実際に私も模試では酷い点数を取って泣きそう
でした。
しかし模試の点数は気にしなくて大丈夫です!
模試はしょせん模試です。
今、自分がどの程度公務員試験で点が取れているか
どうかではなく、自分の弱点はどこか、どこで点数
が取れていて、どこで落としているかを確認、分析
することがとても大切です。私も模試を受けた日や
次の日は模試の復習に丸一日費やしていました。
間違った問題はテキストやレジュメを確認、
あるいは先生に聞いて徹底的に復習していました。
結果だけを見て満足せずに間違った問題や勘で
解いた問題、さらに言えば正解した問題でも
きちんと解説を読んで復習して下さい。

以上、私が模試で意識していたことです。
まだ模試を受けられていない方は是非1度
受けて見て下さい!!

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー