記事一覧

志望先の絞り込みについて

こんにちは、チューターの佐藤です。

今日がついに最後のチューター業務になります。
早いもので大学2回生の秋にEYEに来てから4回生の3月末までずっと
この場所に通い続けてきました。お世話になった先生や受付の方、また
一緒に勉強してきたみんなとのことはこれからの公務員生活においても
きっと思い出すことになると思います。

…と、私のしみっぽい話はいったん置いて、今回は志望先の絞り込みに
ついて書いていきます。
いまさらと思われるかもしれませんが、チューター面談をしていて意外
とまだ志望先(特に地方)を決めかねている方が多い印象を受けたので、
志望先の絞り込みをする上で何が重要になってくるのかを私なりに書い
ていきたいと思います。

まず、受講生の皆さんは何をもってその志望先を頭に思い浮かべました
か?
自分の出身地であったり、何となく先生に勧められたからや、中には交
通の便が良く転勤が少なさそうだからといった理由も多いと思います。
それぞれにいろんな事情があって志望先を決めたと思いますが、私が志
望先を決めるうえで一番大切にしてほしいことは、貴方自身がその志望
先を好きかどうかという点です。筆記重視の国家試験は別として、地方
において大事なのはやはり自分がその自治体のことをどれだけ大切に思
っているのか、それがとても重要になってきます。

地方試験では昔からよく面接が重視されているといわれます。それは実
際にその通りで、地方では面接の回数も多く面接時間も長い傾向にあり
ます。その理由としては、やはりその自治体のために働いてくれる人物
なのかどうか、そこがみられていると思うからです。

なので志望先をまだ決めあぐねている、または迷いが断ち切れていない
という人は、自分がどの自治体に一番愛着を持っているのか、そこをも
う一度見つめ直してみてください。

勉強がもう佳境に入っている時期ですが、そもそもなぜ勉強しているの
か、それを見つめ直すことは筆記試験の次の面接対策にもつながってき
ます。自分が来年の今頃には何になっていたいのか…難しい問題だと思
いますが、いま一度よく考えてみてください。

最後にいま頑張っている受講生の皆さん、これからの約半年間は本当に
つらい時期になると思いますが、皆さんなら乗り越えられると思ってい
ます。
応援しています‼

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー