記事一覧

時事対策と社説の読み方

社説の読み方について

①公務員試験では、時事に関する正確な知識が求められます。では、その知識はどのようにして獲得すべきでしょうか。

②その方法として社説を批判的に読むことが挙げられます。

③即ち、単に知識を得ようということだけで社説を読むだけでは、強い印象を持って記事の中身が定着してきません。

④そこで、一定のテーマの討論をするつもりで、賛成説とその根拠、反対説とその根拠、相互の反論を考えながら読みますと、かなり正確にそのテーマの本質的なことが理解できて、論作文や集団討論にも役立ちます。

⑤例えば、アメリカが離脱して仕舞いましたが、温暖化ガスの規制に関するパリ協定で、温暖化ガスの削減を国際的に義務づけたい先進国の主張の根拠、義務付け反対の発展途上国の反対の根拠、相互の反論の状況を日頃から意識して考えますと、考えることに自信が付きます。

⑥あるいは、北朝鮮がなぜ核武装をするのか、それに対する効果的な制裁方法は何か、あるいはなぜそもそも北朝鮮は核武装をしてはいけないのか、各々考えるとポイントは以下のようになります。

北朝鮮の核開発問題に関して
●北朝鮮が核開発に固執する根拠
①体制を維持するのに不可欠
②アメリカとの交渉を有利にするための切り札
③経済不振の不満への対処
④体制の強化による反発分子の抑え込み
⑤国際社会へ向けての国威発揚
⑥リビアのカダフィ政権の教訓

●北朝鮮への有るべき制裁
①国連安保理での制裁の強化
②日米韓の提携
③中国による経済制裁強化の要請
④迎撃ミサイル網の開発促進

●なぜ北朝鮮が核武装をしてはいけないのか
①核保有の国際社会でのドミノ現象
②偶発的な小規模核戦争の脅威
③核開発で更なる経済的苦境と対外強硬策のいたちごっこ
④核技術のテロ組織や原理主義集団への流出の可能性
⑤財政状況の悪化による体制の維持の困難

こんな感じで他の重要問題も考えますと興味も増します。

⑦本日のブログはここまでです。では、では。