記事一覧

5月以降の面接対策について

こんにちは!チューターの柴川です。
今回は面接対策について書きたいと思います。


昨年のわたしの場合は、5月の特別区の筆記試験が終わった後すぐ、受講生同士で面接チームを組み、5月の下旬から週2日ほど集まって面接練習をしていました。
メンバーはなるべく志望先が同じ人と組むと良いと思います。

まずは最初の練習日までに志望先の面接カードを作成し、互いに添削しあいながら練習をしました。

面接カードに関しては、メンバーの他に、EYEの先生方にも添削をしていただきました。
特別区や都庁などは、面接当日までにカードを完成させれば良いので、直前までブラッシュアップさせることができます!
わたしはなるべく多くの人に見せ、そのなかでも自分にしっくりくるアドバイスを中心に取り入れるようにしていました。

ちなみに、、、
横浜市の場合、5月上旬に受験申し込みの際にエントリーシートを提出するので、横浜市も受験する方は早めにシートを確認の上、内容も考えておくようにしましょう。

カード提出のタイミングに関しては、各志望先の状況を確認するようにしてください。


面接練習では、受験生役と面接官役を交代でやりながら、互いの良いところや直したほうがいいところなどを指摘し合いました。
練習の際、動画をとってもらうと、面接中の姿勢や視線の動きなど、自分の癖が見えてくるので、ちょっと恥ずかしいですが定期的にやってみるのをオススメします!

学生の方は、大学のキャリアセンターも活用して面接練習をしていたようです。使えるものは全て活用しましょう。

わたしの場合は既卒でしたが、既卒の友人以外にも学生の方も交えて練習をしました。
経歴はあまり気にせず、しっかりアドバイスをくれる子や面接の上手な子とたくさん練習するのが一番良いのかなと思います。


これから筆記試験の勉強でさらにきつくなってくるとは思いますが、怠けずに最後まで粘り強く頑張ってください。