記事一覧

ラストスパート!

毎日長い時間勉強お疲れ様です。
苦しみながらも一生懸命勉強を続ける皆さんの姿を見て、こちらもとても刺激を受けております。

相談を受ける受講生からは、「模試が死んだ」と悲鳴が聞こえてきますが、ここからの頑張り次第でいくらでも挽回できます。
私もこの時期の模試は、教養が5割ほど、専門は6割いくかどうかをさまよっていましたが、ここからの頑張りで合格点まで高めていくことが出来ました。

ここから大切なのは過去問です!
まだ知識が定着していなくて不安でも、必ず過去問には取り組んでほしいです。
志望先ごとにある程度問題の特徴があります。過去問を教材代わりに使うくらいの気持ちでどんどん回し、出題形式、問題の聞かれ方に慣れてほしいです。
どの科目で何点取るか、何分使うか、どの鉛筆を使うかまで突き詰めていってほしいです。

そして、当日は、これまでやってきたことを信じて全力で挑むのみです!
どんなにうまくいっても、また、もしあまりできていないと思っても、特に特別区は論文で逆転可能ですので、最後にある論文まで全力で書いてください。

試験後は、次の試験の勉強もしつつ、面接カード作成など、徐々に面接モードにシフトしていきましょう。
ぎりぎりかもと思っている人ほど、早めにやるべきです。
ある意味ではこの期間がいちばん苦しいかもしれませんが、まち歩きや現職の方への質問など、たくさん行動して下さい。


私は本日でチューター業務を終えますが、EYEの皆さんのことはずっと応援しています!
チューターとして、たくさんの経験をさせていただきありがとうございました。

自分自身のため、そして応援しているみんなのために、あと少し、悔いのないよう全力で勉強し、当日を迎えて下さい。
今の頑張りは、必ず生かされます。
合格報告、待っています!!!

チューター蒲澤