記事一覧

今年の国家一般職 官庁訪問には税関を加えよう

公務員試験で一番大事なことは、内定、合格を獲得すること。
ならば、訪日外国人記録更新&2020東京にむけて、最大採用中の
税関に官庁訪問をしていくのはとても良い選択。

すでに発表されているとおり、2017年度は税関職員の定員を過去最高の
9178人とする。今年度からプラス137人。4年連続の増加。国際クルーズ船の寄港やLCCの就航、そして2020東京に備えていく。

税関職員は入国時の手荷物検査などを担当。ちなみに2016年度はプラス53人だったので、昨年比2.6倍増である。次回は豊島区の完全消灯についてお話しよう。

2017年就活は金融大幅削減へ

すでに、信頼できるリクルーターやゼミの先輩などに聞いている方も多いと思うが、今年の金融業界の就活は大幅削減の流れがすでにできている。

なぜか?
第一にマイナス金利。第二に国内不況。この2つが元凶である。

まずマイナス金利。
日銀のマイナス金利により国債を買ってもまったく利ザヤが取れなくなった。銀行、生保とも
国債を使って貸し付け(融資)に回せない金を運用していたので、動きが取れなくなってきている。つまり、売れる商品を作り出すことができない。

次に国内不況。
実は廃業する企業が過去最悪レベルだ。消費不況が蔓延しているからである。よって成長のために、銀行から融資を受けようとする企業が激減している。また、外資系企業はシティバンクのように日本から撤退、事業を売却しているケースも複数ある。
すでに、外資系大手生保ではリストラをメディアに発表しているところもある。
日本企業のリストラもちらほら始まっているが、来年以降は本格化することだろう。リストラするぐらいのところが新卒学生を大量採用するわけがない。


ということで、何も知らない学生は、メガバンク、地銀、信金、証券、損保、生保の金融業界に就活するのだろうが、今年の就活は激変となるだろう。
もちろん、バイトすら集めるのに苦労している離職率の高ーい企業と、
過労死が社会問題になるぐらいのブラックさんならいくらでも内定はでるだろう。
将来、独立して社長にでもなりたいならよいけれど、普通のサラリーマンでやっていこうと思う人にとっては、ブラック企業に入っても何も良いことはないだろう。

ちなみに、2016年はひどい年だった。それも昨年、このブログでしっかり予言していたが、2017年はトランプさんのこともあるし、じわじわ確実に
もっと厳しい年になっていく。特に就活をする大学生にとってはきびしいことになるだろう。6月には、はっきり国民にもこれは大変なことになっていくということがわかるようになるはずだ。

ということで、民間就活一本というのは大学生にとってありえないだろう。特に文系学部の学生は。日ハムの大谷選手のように二刀流かまさないと大変なことになる。民間就活プラス何かだ。地元志向、住民志向なら公務員。どうしても民間専願なら金融業界だけでなく他の業界も。といっても離職率の低い堅実な業界を。とはいっても、もっとも堅実と思われていた東京電力も原発事故でああなったから、民間会社への就職というのは予測が難しい・・・。


「人間が生きていくうえで何が大切かって?」

◇お金? 

 アンサー:いいえ。

 それは予測力さ。

 自分に予測力がないなら、予測してくれる人をマークしておくこと。

 地震や災害と同じ。予測してくれる人と仲良くしていれば逃れられる。
 私は仲良くしているよ。そういう人と。(笑) 

■自分の身は自分で守らないとね。
■今の若者は老後とか心配だし。年金とかあてにしてもね。健康保険制度だって
どうなっているか。危機管理をしっかりしましょう。自分の人生のためだから。


今村潤平(EYE)

PS

小池知事がんばれ! 小池知事応援宣言!!
都政大改革は小池隊長と共に成し遂げられます。小池さんが築地市場引っ越しを止めていなければ、私たちは毒を食べていたかもしれません。ベンゼンとかね。都庁に入都し小池知事と共に都民のために戦ってくれる人、私は応援します。

デフレ再燃。消費は東日本大震災時より悪い。これで雇用だけは大丈夫なの?

頭がまともな人はお分かりの通り大丈夫なわけないです。
そんなこと言って、学長頭大丈夫ですか?ってどなたか言ってますか?
言っていいですけど、大丈夫でないのはどっち? はい、普通の学生さんですね。特に文系はすでに今年の就活からメガバンクが減少傾向の採用活動でしたね。まあ、このところ完全にとりすぎ、現場支店ではおなか一杯状態でしたが、そんなところに日銀のマイナス金利攻撃。もう人数合わせの採用はしないですね。それがもっとも過激に影響がでたのが、証券と地銀、信金。文系では
人気の業種ですから、発表されている内定率は見せかけで、実態は結構
ひどいものでしょう。

結局、内定率を上げているのは文系では、小売り、教育、サービス、介護、流通、
物流ですから。サービスはやはり飲食ですね。今やアルバイトすら時給上げてもこないですから、大卒新卒をどんどんいれる。将来の幹部候補とかいう触れ込みで。確かに1年で店長代理、2年で店長。これは塾業界も同じ構造ですね。
各店舗に社員は2名、あとはバイトですから、まあ当然なんですが・・・。

じゃあ本部に上がれるかというと、実際は先輩に聞けばすぐわかる。いけないということ。まあそんなことも学生だから聞かないで就職するわけです。

さあ、補正予算も通りました。消費税アップも延期になりました。中国のクラッシュも落ち着いています。来年の景気はどうなりますか? 大丈夫ですよね?  
大丈夫ではないです。雇用は景気に遅行するので、来年は確実に悪くなります。とくに優良企業は雇用を抑えます。働く環境がきつい業界はいつの世も人が来ませんから、新卒ならもちろんウエルカムです。

頭は自分の未来のために使ってください。
民間適性の人ならいいけど、公務員適性の人が民間行ったらアウトです。
そんなこと親ならよーくわかっていることでしょう。一回親御さんに聞いたらどうですか?

倍率低いうちに公務員。
株式だって安いうちに買うから儲かるんです。
今、公務員になっておけば、お得ですよ。

イギリスのEU離脱と就活、そして公務員試験

イギリスのEU離脱


英国の国民投票でのEU離脱については、全世界が驚愕しました。
英国は離脱の手続きに入らなければなりません。

これがどんだけ大きなことかは、これからじわじわ影響が出てくるでしょう。
一番大きく恐れられているのは、EUからの離脱国が続いてでてくるのではないかということです。イタリア? フランス? スロバキア? 

次に移民流入を英国が阻止していくことで、自国に移民が滞留してしまうこと。英国は移民でも一定の社会保障をしていたので、移民の皆さんには人気の国でしたし、経済も強いので雇用の確保も比較的容易でした。

我が国への影響ですが、日系企業が1000社以上英国に進出しています。
特に影響が大なのは、生産設備(工場)を有しているメーカー。
EU諸国から部品を仕入れ、英国工場で組み立て、英国からEU諸国へ輸出している自動車メーカーが代表例です。関税がかかるからです。

最後に為替です。ユーロおよびポンドに対し円高にすでになっていますが、
これが長期化していけば、為替の欠損金がたくさん出てしまいます。相対的には対ドルに対しても円高基調になるでしょうから、輸出型企業の収益を
圧迫します。メガバンクについても0金利で相当困難な運営になっているところを、さらに取引企業の収益圧迫ということでダブルパンチです。

あ。つけたしです。私たちの年金です。アベノミクスで昨年まではたいへん好調な成績の年金でしたが、こういうふうに株価が下がってくる、まして、0金利ということで、私たちの年金が危うくなっています。もともと、今の若者は
年金だけで老後を生活していくなんて、ありえない状況ですが、株式に50%もつっこんでしまっている、現在の年金の投資方法は、こういうことが起きると、もう大損害です。とはいえ、預金もダメ、国債もダメ、株式もダメなら、
どうすればいいのか、GPIFの年金担当者も頭が痛いことでしょう。1ついえるのは50%株式へ、はもうだめだということですね。

就活は来年から厳しくなります。これは予測通り、いやそれ以上。
今年もすでにメガバンク、総合商社は大変厳しかったでしょう。
公務員試験ですが、今年受けた人はラッキーでしたね。
来年ですか。まだ、ラッキーですよ。だって、準備期間必要ですから今なら
間に合うじゃないですか!

本当に悪くなってから受けると倍率が今の倍だって言いましたでしょ。このブログで。いつでもそういうことになるのです。それではまた。


今村EYE

景気と就活

消費税10%延期については、EYE WEBのほうにも書きました。
伊勢志摩サミットで安部首相が語った第二次リーマンショック前夜だから
あげられない!には驚嘆しましたが、実際に東日本大震災時と同レベルの
消費であることは確かです。それに、日銀のゼロ金利政策。

物価上昇は止まりましたが、銀行利息がほとんど0.年金も下がるということで、国民の生活は苦しくなるばかり。優良企業の賞与は2%ほど上がるようですが、賞与が80万円とか出る企業にどれだけの人が務めているのでしょうか。まあ80万ならその2%で、16000円余計にもらえるわけですが・・・。

さて、就活は2か月繰り上げで動き、内定もすでに出きっている感じです。
就職協定なんて端っこに行っちゃったようです。今年の就活をした人は
わかるでしょうが、理系だけほしい。それもAI系ができそうな人がほしい。
ということでした。AI(人工知能)は将棋や囲碁で人間を超えてきましたが、

自動運転も見てもわかるように、これからはかなり難しいこともAIが代わりにやってくれる社会が到来します。JRや私鉄の切符切りの人がいなくなったように、単純作業や運転手、事務処理、そして販売職はAIが働き手になるのでしょう。そして、有効求人倍率を持ち上げている、介護、販売、サービス、物流、
塾講師なども、AIが間違いなく有効利用されていきます。メガバンクはそういったことを見越したのか、0金利の影響か、すでに新卒求人を大幅減少させていますね。

求人難というのは、あっても2020オリンピックまでと考えます。すでに、HISがやっているハウステンボスの変なホテルという名前のホテルは、ロボットがフロントも含めて担当しています。これはもちろん人件費が浮くし、間違いもなくなるでしょうが、反面、余剰人員、配置転換、求人難というデメリットを生じさせます。

そこまで読んでないと、これからの世の中はうまく歩いていけません。
役所だって住民票なら機械でいいですね。じゃ、相談は?
相談も定例的なことなら人工知能でいいですね。
そうすると人間でしかできないことができる人間!

そうです。これからは民間でも公務員でも研究者でもAIには不向きなことが
できる人しかいらない、まあいらないは言い過ぎですが、そういう人だけ
ほしいというのが、組織のニーズとなるでしょう。

昔より長生きして、80とか90歳まで生きるのだから、これは由々しき問題ですね。年金だけじゃ絶対たりないし、消費税もあるし。超高齢社会の日本は
なかなか大変です。学生さん、わかっていないと大変な目にあいますよ。

今村潤平EYE

けっこう今年はやばそう2016の予測

年初からの日経平均の暴落は、何を意味しているのか。
そんなの関係ないと思っていると、あなたの就職活動、進路、公務員試験、などにきれいにリンクしていくことになるから、要注意。

さて、昨年の年初に2015の予測をしたが、だいたいはいいところではなかったか。
実際、経済は悪くなったし、新卒の雇用も内容は悪くなった。見掛けの数字は悪くはないが、内容がひどい。
まあまあ当たりということでどうでしょう。

さて、今年の予測。

1、円高方向。1ドル115円になるのではないか。これは輸出型産業には打撃だが、一般国民にとっては輸入品が安く購買できるのでプラス。

2、米国の利上げ開始で、米国の景気がもたつくのはもちろん、新興国からの資金引き揚げで、世界経済は停滞。

3、中国の経済状況は良くなく、多くの中国進出企業は苦労することになる。
その中でも善戦が予想できるのは無印ぐらいか。世界の工場、中国、GDP世界二位の中国の株安、低成長、輸出入の減少は、日本にとっても相当な、
打撃になる。

4、これに伴い、日本の企業も今までのような好業績を残せなくなる。当然、
非正規の人を切ったり、新卒雇用を削減したりしてくる。

5、消費税10%まで1年ちょっとと迫ったが、軽減税率を決めたいま、
そう簡単には再延期は出来ないだろう。再延期するのは、リーマンショック級の経済危機が再び襲ってきたときだろう。さすがに今の段階で大激震を予測はしないが、2020の東京オリンピック期待でこの景気が持ちこたえる、雇用が
もちこたえると言った、能天気な予測はしない。また、通常であれば10%消費税に上がる直前に、駆け込み需要があるはずだが、すでに上がってしまった
不動産価格や実質賃金の低下、そして、買いたい人はすでにとっくに購入済みの自動車、家電など、もはや、あまり需要が残っていないので、期待できないだろう。

以上総括すると、去年よりずっと苦しくなる2016年といえる。
経済的なこと以外にも、テロ、気候、アベノミクスの効果減少、日銀政策の手詰まり、積み重なる増税、社会保険料の値上げなど、悪化要因は目白押し。良くなることは何かないかと、探してみるが、まあ、円高と、ガソリンの低価ぐらいか。ただ、原油の1バーレル30ドル割れは、中東情勢を悪くするし、
米国のシェール開発を停滞させるし、株式市場からオイルマネーを枯渇させる。世界経済の観点からみると、はるかにマイナスである。

今年は厳しい年になるだろう。まあそのようなことは、財界のお偉いさんも
大学の先生方も言わないだろうが、ちゃんと分かっている人はとっくに予測済みということだ。一番、間抜けになっちゃうのが、何も知らない大学生のいうのはいつもの構図。ま、自分が悪いのだ。というのはちょっと酷ないい方か。


雇用は悪化しだすだろう。
公務員試験の倍率は上昇するだろう
優良企業はさらに新卒求人を減らすだろう
消費は落ち込むだろう
消費税アップの前の駆け込み需要はほぼなしだろう
賃金アップはほぼなしだろう
不動産価格の上昇は止まるだろう
日経平均は上がらないだろう。15000円台があるのではないか。

以上 今村潤平勝手な2016予測。

消費税10%まであと1年3カ月

あけましておめでとうございます。

と、のんきに言っていられなくなってきています。
軽減税率が導入されようが、1年後不況入りはまちがいにないことです。準備を怠りなく、早め早めで準備し、しっかり公務員になってください。

2020のオリンピックまでこの程度の景気さえ、もちません。
すでに、いい会社の雇用は狭まっています。狭まっていないのは離職率の高い企業、すなわち、きつい職場の企業です。

消費税のアップ再延期はないでしょうから、不況逆戻りは動かしがたい所です。まあ、不況になってから、公務員のことを調べ始めたり、準備し始めたり、転職を考えたりと、人と同じ事をしている人は放置し、しっかりご自分の
人生、この国の未来を考えましょう。

それでも民間併願ですか?
併願は不要です。止めませんが。

採用数激増中の公務員試験を準備して受ければいいだけ。
地方公務員なら転勤も限られ、収入も40歳以上になるとかなり恵まれています。終身雇用、年功序列、男女平等。公務員だけの特権ですね。親も地元に就職してくれれば喜んでくれます。海外転勤もないわけだし。信用も抜群の公務員。新年から自習室は真剣な生徒さんでいっぱいです。応援していきます。

今村EYE

講義一時的降板のお知らせ

新今村塾並びに合格方法確立講義今村バージョンを楽しみにしていた方に
お詫びいたします。
声帯を痛めまして現在講義はドクターストップがかかっております。

期日が決まっているもの、すでに実施したもの、これから実施するものとありますが、いずれも代講の手配をいたしました。

鋭意回復に臨みます。のどの調子が戻れば、順次、関西も含め講演、特別講義や無料ゼミなどをしていこうと思います。いましばらく、待っていてください。
体調は問題ないのですが、声がかすれ、よく出ないのです。もうしわけございません。

EYE代表 今村潤平

PS:私の著作2冊につきまして、活用されることを願います。魂入れて
書いてありますので、EYEの生徒があの2冊を使わないのは、もったいないと思いますし、そういう方が面接試験で苦戦を強いられるのはもっともなことと思います。特に言いたいことは、テクニック、マニュアルでなく、
生きる姿、すなわち、あなたの仕事哲学です。なぜ、働くのか? なぜ、公務員なのか?  この2点につきます。
いかなる面接官の追求質問にも微動だにしない、しっかりした回答をしてもらいたいのです。ここさえできていれば、受からないことは決してありません。
そこが駄目だといかなるテクニック、練習をしても、どこかで失敗をしてしまうことになります。

多少、変な回答をしたとしても、仕事哲学がちゃんとしている人は落ちません。面接試験はしっかり受かってきます。あなたのしっかりした、仕事哲学の構築は講師、担任が助力しますが、大切なことはあなた自身が良く考え、成長することです。それでは、頑張ってください。私の予測通り、内定率は昨年が天井、すでに今年は下がってきています。そして、私の来年の日本の経済動向、新卒の雇用動向とも、マイナス予測をしています。たぶんそのとおりになることでしょう。だれを信用すれば、自分の未来が輝くかということです。

以上

新今村塾開催の運び。人が集まらないなら今回でしまい。

受講料無料。


今村塾開催理由

今年の模擬面接を多数担当しましたが、
面接カード、面接内容とも、ひどいものです
チューターゼミ出た人は多少はまともな方もいましたが、ダメな人はほぼ100パーセント、わたしの二冊の本を読んでおらず、いい人の50パーセントはわたしの本を活用していました。

これは由々しき大問題です。皆さんご存知ですよね。特別区、都庁、国一般も面接レベルは毎年!
あがっています。他社、他校、大学内講座など、
多数の一次合格者が残念な結果になるのは、当然、わがEYE生徒も、模擬面接をうけたにも関わらず、約2割の生徒が、面接で落ちています。

受講生同士の練習には限界がある。
合格者の指導にも限界がある。
講師の指導にも限界がある。
模擬面接の指導にも限界がある。

以上より、わたしは学長としての直接の指導に乗り出すことにしました。多分、本格的な指導は、
これが最後になると思います。一回は見本を見せないと、講師にもチューターにも、その本意がつたわらないからです。また、来年の面接は凄い勢いで、難しくなる!と私は予測しています。このまま手をこまねいていれば、面接指導第一人者の
EYEの信頼を損ないます。
はっきりいいます。あなた方の考えている面接対策は、私の目から見たら、子供の遊びレベルです。だから、落ちるんです。

今村塾。

危機感が共有できる、私を信じられる人だけ来てください。
突飛な指導もインスタントな指導も、ミラクルな
指導もありません。授業は淡々と進みます。実践の場は、チューターゼミその他で良いのではないでしょうか。まあ、飽きるでしょうから、多少はやるかも。

参加定員は、教室キャパ最大の60名とします。
集まりがわるければ、私は塾から、引退します。
あなたたちが判断してください。日程はここに書きますと、外部の人にも公開されますので、校舎掲示にします。関東は11月。関西は12月。

以上


今村潤平

中国のバブル崩壊で経済の回復期は終了。雇用は昨年が天井。

みなさんももうお気づきの通り、バイトの時給も下がり始めました。
東京や大阪のデパート、ドラッグストア、電気店などは、中国からの爆買い
重要でかろうじてもっていましたが、これも終了です。

大手企業、中国に進出している企業はいまごろ、撤退、撤収する始末。現地工場では、中国人労働者を即刻解雇して、相当問題になっているようです。

中国への輸出もダウン、中国からの工業製品の輸出もダウン。アジアも全般
駄目なので、頼みの綱はアメリカだけ。そのアメリカもドル高で輸出企業は苦しみ、また、FRBの利上げカウントダウンで、投資家たちもあっちいったりこっちいったり、です。

まあそれでも米国が一番まともで、米国が儲けの中心である、トヨタとかは
大丈夫そうですね。ですが、中国、アジアで稼いできた企業の株価の下がり方は目を覆いたくなるようなものが続出。このところの日経平均株価は1300円、一日で上がったり、750円下がってみたり、もうクレージー相場。

ですが、国会は安保法案でいっぱいいっぱい。
そして、消費税10%が近付いてきます。
2020オリンピックでは、新国立競技場、ロゴ白紙撤回と、このところ
ろくなことがありません。そして、今回の50年に一度の雨。東日本大震災、原発事故から4年半。まだ、ぜんぜん終わっていなかったということなんでしょう。

私は前から何回も言ってます。いまの日本の若者は受難の世代で、民間企業で
幸せな老後を迎えられる人は10人中2人ぐらいっと。

そういうことになっているのに、国会では安保法案ばかり。福祉の抜本的な改革は置いてきぼり。安倍さんのやる気は感じられません。そして、でてくるのは、配偶者控除の廃止、年金、健保の扶養制度廃止、・・・。

こんなんで、民間入ってやっていける人は、本当にタフな少数の人々のみ。
断言しておきます。
ひどい時代がやってくるのです。

何でわからない人がいるのでしょうか。
何でモチベーションが上がらないのでしょうか。
何で民間企業に進路変更するのでしょうか。

来年はまた、シュウカツ時期、戻りそうで、もうめちゃくちゃ。
そうやって流されて、あとは我慢だけの人生。それでは楽しくないですね。

ということで、来年から倍率上がるであろう、公務員試験、早め早めに攻略してくださいね。

今村EYE

ページ移動