記事一覧

中国のバブル崩壊で経済の回復期は終了。雇用は昨年が天井。

みなさんももうお気づきの通り、バイトの時給も下がり始めました。
東京や大阪のデパート、ドラッグストア、電気店などは、中国からの爆買い
重要でかろうじてもっていましたが、これも終了です。

大手企業、中国に進出している企業はいまごろ、撤退、撤収する始末。現地工場では、中国人労働者を即刻解雇して、相当問題になっているようです。

中国への輸出もダウン、中国からの工業製品の輸出もダウン。アジアも全般
駄目なので、頼みの綱はアメリカだけ。そのアメリカもドル高で輸出企業は苦しみ、また、FRBの利上げカウントダウンで、投資家たちもあっちいったりこっちいったり、です。

まあそれでも米国が一番まともで、米国が儲けの中心である、トヨタとかは
大丈夫そうですね。ですが、中国、アジアで稼いできた企業の株価の下がり方は目を覆いたくなるようなものが続出。このところの日経平均株価は1300円、一日で上がったり、750円下がってみたり、もうクレージー相場。

ですが、国会は安保法案でいっぱいいっぱい。
そして、消費税10%が近付いてきます。
2020オリンピックでは、新国立競技場、ロゴ白紙撤回と、このところ
ろくなことがありません。そして、今回の50年に一度の雨。東日本大震災、原発事故から4年半。まだ、ぜんぜん終わっていなかったということなんでしょう。

私は前から何回も言ってます。いまの日本の若者は受難の世代で、民間企業で
幸せな老後を迎えられる人は10人中2人ぐらいっと。

そういうことになっているのに、国会では安保法案ばかり。福祉の抜本的な改革は置いてきぼり。安倍さんのやる気は感じられません。そして、でてくるのは、配偶者控除の廃止、年金、健保の扶養制度廃止、・・・。

こんなんで、民間入ってやっていける人は、本当にタフな少数の人々のみ。
断言しておきます。
ひどい時代がやってくるのです。

何でわからない人がいるのでしょうか。
何でモチベーションが上がらないのでしょうか。
何で民間企業に進路変更するのでしょうか。

来年はまた、シュウカツ時期、戻りそうで、もうめちゃくちゃ。
そうやって流されて、あとは我慢だけの人生。それでは楽しくないですね。

ということで、来年から倍率上がるであろう、公務員試験、早め早めに攻略してくださいね。

今村EYE