記事一覧

短期合格を目指すのに今頃全回生講義の予備校を探す人

かわいそうな人です。
どんだけわかっていないのか。
合格体験記をさっと読めばすぐにだれでもわかりますが、
これから始めて今年の試験に間に合わせるなら、生講義を受けている暇なんてありません。かといって、いきなり問題集というのもやってみればわかりますが、一部の初めから基礎力、学力ある人を除き、時間の無駄です。

どうすればいいかというと、多くの合格者がいうとおり、倍速でWEB受講またはDVDで講義を一日2コマ見るということ。3時間の講義が2時間で見れますね。2コマ見ても4時間。あとの6時間を全部、講義の復習を兼ねた
問題演習、過去問演習にあてます。

予備校の口車は、今からでも全回生講義!とかいうんですよね。
そんなことやらしたら、ほとんどの子が、講義受けるだけで試験期間突入なのに。

僕は思います。受からなければ予備校でないと。
その人が受かるようにアドバイスするのが予備校だと思いますが、どう思われますか?

それでも、戯言の全回生講義?
ありえません。

今からやるなら、倍速受講しかない。
生講義全回今から受けて受かったら、凄く
えらいね、奇跡だね、っていってあげたい。それくらい、無茶なことです。知らないのは恐ろしい。

何も知らないで、はいってきちゃだめです。信頼できる人かしっかり確かめて
予備校選ばないと、おかねかかるだけです。

とはいえ、まあわかんないんですよね。
学生だと、にこにこしている人はいい人だと思ってしまうとこあるから。
そりゃ、単純営業なら、にこにこでしょう。でもね、受からせるということえあれば、そんなにこにこだけの話だけではすまないし、逆に厳しい話だけでもないと思うのね。

まあ、90日合格講座の多くの合格体験記お読みになってください。
ちなみに、もうかれこれ一年勉強してきたの、という人も90日合格体験記
読むと、目からうろこぼろぼろでしょう。90日とは、EYEでは、12月生から3月生を主に言います。4月からでも秋の市役所狙いなら、90日コース別途ありますよ。気がついてください。学内講座でも他社の講座でも、合格率ってどれくらいなのか?
EYEに来ても、それだけでは十分ではありません。ちゃんと正しい方法で
正しい量の勉強、論文対策、面接対策を、友達、受験仲間、講師、担任、チューター、EYEOB/OGと一緒になって打ち込んでくださいね。
民間インチキ内定率底上げ情報なんかに、心を惑わされないで。内定だけなら
山ほど取れますよ。銀行だってね。マジ、銀行なんていきたいですか?

創立22年目。EYEって、大手と何が違うの?という質問に正面から答えます。

公務員試験受験生のざっくばらんな合格率ってどれくらい?

そうですね。受験者数から言えば、10倍ぐらいが平均だから、10%。
もちろん、倍率5倍の試験もあれば20倍の試験もありますが。

では、学内講座では? これも出来のいい学内と出来の悪い学内とありますが、良く学生さんから聞く話でいいますと、ざっと、最後の講義に残っている受講生が1割程度。つまり、最初の申込者は200人いたけど、最後のほうは20人ぐらいということから、これも10%程度と考えるのがいいのかと。
大手はどうなんでしょう。学内よりはよさそうな気もしますが、大手なら推定受講生は1万人以上いて、にもかかわらず、公表されている実人数合格者は●●●●人ぐらいですから、まあ、そんなところなのかもしれません。

これはどういうことなの?
講座とっても、独学でもたいして変わらないの?合格率。

まあ、講座とった方が随分ましとは思いますが、それでも、全員合格とは程遠い合格者数であることは間違いないようです。

これの理由は4つ。

1、モチベーションがそもそも低い学内講座受講生⇒すぐに脱落。
2、民間志望に転向したといういいわけ
3、やる気はあったのだが、学力、時間、勉強法がついていかなかった。
4、一次試験は合格したが、論文か面接、またはその両方で失敗し、二次、三次全滅。

学内講座とはいえ、おかねは払っているのです。独学とはいえ、問題集代は数万円投下しているのです。まして、大手の公務員講座なら20-30万円はしているのです。

なぜうからないのか?
ここがポイントです。
学生を見ていると、個別相談に来た方なら100人中95人以上は民間より公務員に行った方が、気持ちよく人生ができそうに思います。また、100人中
80人以上は大手に行くよりEYEに来た方が受かりそうだし、楽しく勉強、面接、論文対策出来そうな人たちです。

まあ、どこの予備校に行くとか、民間志望に転向するとかは、その人の人生ですから、その人に100%決定権があるのですが、一年後受からなかったとか、民間企業は合いませんでした、といって、EYEに戻ってくる人をみると、何か歯がゆい感じがします。まあ、それでも、そういう人は多くの場合、次年度は合格して公務員になっていきますから、回り道もよしかとは思いますが、その陰には不本意な人生を歩んでいる人も数多くいるのかなと、心配するところです。自己責任といってしまえば、それだけですが。私たちもそんなに強くは営業しませんし(笑)。強引とか言われたらいやですからね。

話を本題に戻します。全員とか言わないけど、80%ぐらいの人を受からせるのはどうしたらいいか。言い方悪いかもしれませんが、人生のうちでたった、10万円くらいの出費で公務員試験にしっかりうからせることができるなら
ば・・・。


そうです。察しのいい人はもう気がついているかと思います。
それは落ちそうなリスクをことごとく遮断していけばいいのです。
どういうこと?と思われている人もいるかとおもいますので、説明しますね。

1、モチベーションについて。はっきりいって、学内は当初からモチベーション低い人多いです。たしかに安くていいのですが、やめることを前提に申し込んでいる人が多いということに気がついていなければなりません。学内は私が学生なら申し込みをしません。真剣な受講生がいる予備校を利用します。

2、民間志望転向について。民間適性が強い。高収入がほしい。全世界的に転勤してもかまわないというか、そちらを歓迎する。多少のブラックはへっちゃら。というのであれば、民間志望を止めません。ですが、あなたの適性は本当に民間ですか?とその人にはもう一度ちゃんと考えてほしい。適性は確実にあります。公務員に興味を示した段階でその人は民間適性より公務員適性のほうが大と想像できます。多くの場合、勉強での適応力に問題が出て、じゃ、民間でいいやという判断ではないでしょうか。

3、学力、時間、勉強法について。大学入試を経験していないとか、社会人なので仕事と両立しないといけないとか、教養試験もある公務員試験の勉強法がわからないとか、公務員試験志望者は多くの悩みを抱えています。担任やチューターに相談すれば少しは解消できるでしょうが、抜本的にはなかなか難しいというのが現実です。ここが最大のポイントです。これを解決するのは、実は1つしかありません。WEBで授業を受けること? いいえ違います。
WEBや生講義は、知識、テクニックのインプットでしかありません。じゃ、
問題演習でしょう? はい、半分あたりです。それを自分でこなせる人は
大手予備校でもうかる人だし、学内講座で受かる稀少な人といってもいいでしょう。じゃ、あとは半分の正解ってなに?

個別授業です。2年連続警備保障の現職ガードマンの人を合格させたプロセスからも、今まで勉強らしいことをしてこなかった人を、レギュラー講義、つまり、集合講義だけでそれも1年間で受からせることは、かなり難しいこと。でも、この方たちは受かっていきました。それは、個別授業のおかげです。先生は、生徒が問題をやっているのを観察し、どこで手が止まったのか見ています。そして、どこから教えていかないと問題が解けないのかを、教えます。
これは予備校の経営サイドから言うと、利益が出にくい。そりゃそうです。教室に50人ー100人と座ってもらって講師が1人講義をするのと、生徒1人に先生1人と、どっちが会社にとって有利ですか、ってこと。これを塾レベルではやっているのが、入試業界ですが、そこでの講師は多くは大学生です。
時給は皆さんのほうが詳しいでしょう。公務員試験業界では私の知るところ、個別授業を実施しているのはEYEだけです。しかも、コースで申し込むと
レギュラー講義と1万円しか違いません。

4、論文、面接について。これもはっきり言います。授業で教えるのは無理です。論文の書き方のセオリーとか、面接のマナーは教えられます。でも、実際に書いたり話したりは、授業では教えられません。最低でも、論文添削、模擬面接が複数回必要です。実は、公務員試験受験者の最弱点箇所は、この論文と面接。まったくわかっていない人が多いです。これは指導者サイドも同じです。だから、一次試験に全勝して二次、三次に全敗する悲劇が起こるのです。
論文対策、面接対策は、グループ指導が必要です。それでも不十分なら個別指導をするしかありません。

以上がリスクを最小にして公務員試験に受かる方法です。
つい先日も、個別授業や面接のグループ指導を活用して合格していったOBと話していたのですが、今のお給料から言うと、あの時の受講料なんてほんと
ちょっとのもの、と言っていました。正直な感想だと思います。それが、学生時代のときに思えれば、自分の合格がやばいかなと思えば、個別授業の選択ができるのだと思います。

自分の適性、状況、正しい進路を客観的に掴むのは難しいことです。ですが、
それを世の中の流れだけでなんとなくやっていれば、それは結果は知れています。時代は難しい時代です。人口減少、高齢化が進む日本での企業はとてもかじ取りがたいへんです。ということは、そこで働く会社員もその渦の中でやっていくことになります。これは公務員も同じですけれど。これからの日本は
どんどん大変になっていきますから、日本に残る人はその中で覚悟を持って
自分のポジションを取らなければなりません。その一番大きい第一歩が、今回の進路決定ということです。あなたはどうされますか?

今年の経済予測2015

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年は相当やばい景気になりそうです。根拠、予測を述べておきたいと思います。

1、消費税増税延期は、大した効果なし。すでに、預金率マイナスになっている今、国民は借金して消費拡大していたこと、昨年3月末まで買いだめしていたことに、ようやく気付いた。また、給与や残業が増えても、増税と社会保険料アップ、そして、物価高で、手取りは急速低下したことにようやく気がついた。GDPの7割は個人消費の我が国において、政府の補正予算、ガソリン安、法人税減税では景気回復は無理。

2、ユーロ安が進む。ウクライナ、ギリシャは、破たん一歩前までへ。

3、ロシアと中国の接近。プーチンは経済制裁の対抗策を打ってくる。これは、世界経済にとっては、必ずマイナスに働く。

4、アベノミクス2、日銀の金融緩和2は、効き目薄らぐ。カンフル剤なので
二度目、三度目はより劇薬的処方をしないと効かないし、副作用も強く出る。

5、円安がさらに進み、輸入に頼っている食料品がウソみたいに値上がりする。

6、年金改革、医療費改革が進まないので、社会保険料はさらにアップ。これも強制徴収なのだから、税金の一種みたいなものだ。これに手を付けない政府は信用できない。

7、以上から国民が消費を抑える。典型的には洋服、高級品、装飾品、旅行、
外食、飲みを圧縮するだろう。質が良くそこそこの値段のところはこれからも勝ち続ける。セブンイレブン、ファーストリテイニング、スタバ、ニトリなどが勝ち組。

8、雇用はすでに、飲食が崩れてきている。逆に正社員を増やしたくないから、派遣業は絶好調。すでに、昨年以上に雇用を増やそうとしているところは新興企業を除き、ないだろう。雇用は昨年が天井。あとは出来のとてもいい人
だけを、限定採用していく、ここ20年間の動きになるのだろう。

9、アメリカ経済だけが順調。が、オバマさんの支持率は上がらず。

10、公務員採用数は、昨年より上。税収がめちゃめちゃ上がっていることと、2020TOKYOがあるから。今ならなくて、いつなるんですか?

信じるか信じないかはあなた次第。

今村潤平EYE

政府も認めた不況入り

消費税再増税延期の裏の姿と来年の公務員試験

ずっと、政府の発表をうのみに報道していた大新聞、テレビ各局・・・・。
全部ウソでした。消費税8%にしても景気への影響は軽微。夏には復調し
前年比を超える見通しと報道し続けました。これには裏があって、大新聞は
軽減税率が人質になっていて、実際は消費大いに落ち込み、消費税の影響は
大きいと言えなかったのです。

とはいえ、国民は所得が増えないのに、円安と消費税アップのせいの、物価高により生活は苦しくなるばかり。一般庶民の生活、収入を無視した、単なる株高対策のアベノミクス、日銀異次元緩和は一般国民には無用の政策となりました。そして、今回の衆院解散は安倍さんの延命の為の衆院解散。

あ、でも2つだけ公務員受験生にはいいことありましたね。1つは公務員採用数の拡大。もう1つは、公務員の賃金アップ。だって、雇用を良くして、賃金をアップするなら、まずは塊より始めよだから、自らの意思で動かせる公務員の採用数・賃金を増やさないわけがありません。それだけでも、民主党のあほな政策は全く駄目と言えるでしょう。

さて、政府が認めた不況入り。すでに4月から不況入りしたことはほとんどの国民が認めることでしょう。じゃあ、さらに2%あげて10%にしたら、どうなりますか?

それは大不況入り間違いなしですね。こんなこと小学生でもわかること。
なのに、安倍さんは2年半後の増税には、景気条項を付けずに絶対上げると
決めました。あげれば、大不況入りなのに。たぶん、二年半後は自分は総理でないとの読みなのでしょう。あとは勝手にやって。ということかな。

あと二年半で景気って良くなりますか?
雇用ってもちますか?

もつわけないですね。これは中学生でもわかることでしょう。
わからない大学生がいるなら、まちがって大学に来た人です。経済音痴でもわかるはず。


というわけで、雇用も早晩崩れます。日本人の悪い癖というか、頭の悪い所で、政府、政治家のいうこと、報道機関のいうことを信じて、気がついたときは痛い目にあう。そこからは20年でも30年でも死ぬまで我慢する。
このパターンは、第二次大戦中から継続中です。

今回もそのパターンにすでになっていますね。

高齢大国日本で、社会保障費、医療費がどんどん上がる中、国債費の予算に占める額も債務額もすでに上限水位。日銀が輪転機を回して株式ETFや、不動産REITを買い続けるのは限界近しです。

すでにパート時給、アルバイト募集細ってきています。人が足らないと言っているのは、外食、介護などのキツイ業界。
これは早晩、新卒の雇用にもドミノしてきます。

円安で儲かっているのは自動車など、特定の業界。雇用が増えているのは、理系のエンジニアになれる適性、頭の或る人だけです。あと、文系ではメガバンクだけは大量採用を今年も続けていましたが、実際は雇用のミスマッチが露呈し、来年の4月以降、実際の採用実績は、予定採用数を大きく割り込むのでは、と予測します。
そもそも、メガバンクがあんなに採用している理由は3つあります。

1、入行しても仕事がきついのでやめる人が沢山いる
2、今や銀行員といっても実際は、投資信託を売ったり
、不動産を売ったりと
とても銀行員とは思えない仕事をやらせるケースが増大している。
3、リーマンショック後、採用数を抑え過ぎたので、現場の中堅行員では仕事が回らない。そのための補充。ただ、現場は仕事を新人に教える暇がないから、放置になっているケースが続出。

私が見る限り、今年の一般大学3年生は、リーマンショック以後最悪のレベルの人たちです。もちろん、すでにインターンシップや公務員、資格の勉強など夢へ向かって努力している人たちは、優秀な人です。

実際は内定率が良くなったといっても、理系だとITだのSEだのと、めちゃくちゃな労働条件が多い業界、文系だと飲食だとか教育だとかの、超離職率高い業界が、内定率を稼いでいるだけ。

中身も見ずに、先輩の話も聞かずに能天気に過ごしている3年生を見ていると、一生苦労だな、多くの国民と同じく我慢の人生だと、思うのです。

そんなの自分が悪いんじゃ。と言ってしまえばおしまいですが、
そういう大事なことを、小中高、大学と一切教わってこなかったとすれば、
全部がその人たちの自己責任ともいえない。つまり、教えない大人が悪いと言えるのではないですか?

ただ、先生も教授もそういうことを理解してないから教えようがないという
ことも多そう。それに、リクルーターとか会社の人事は、いいことしか言わない人が多い。それは、組織の縛りがあるのでサラリーマンとしては当然ということも言えるのだけど、世間知らずの学生には、何とも気の毒な話です。

あとは救世主、親の登場ですが、わかっている親とわかっていない親の差は、ハッキリ言って激しいです。ちゃんとした親御さんならちゃんとしたアドバイスを的確にくれるはずですし、家庭の教育として、正しい進路の選び方を教えてくれているはずです。


大学生の毎年の卒業生は約60万人。うち、仕事がきまらない人は今年であっても10万人以上います。
都内の18歳の大学進学率は約75%。これだけの人が大学に進学するのですから、大学を出たにふさわしい仕事にありつけるのが、半分以下となるのは、至極当たり前の話です。

なんで気がつかないのでしょうかね、あなたの周りの人。それは、教育がだめだからです。教育って学者になるためでなく、より良く生きるためでしょ。それができてない人が、ほとんどです。この国は。

大手資格予備校や学内講座に行っても受からないのは、毎年のことです。
駿台とかいったら、全員東大入れますか?ということ。自分に合う予備校すら選べないで、盲目的に予備校を決めちゃう。学内講座にお金払っちゃう。

そりゃあ、人生うまくいかないのは仕方がない。というのは言い過ぎでしょうか。

僕はね、就職を決める時期というのは、人生の修羅場だと思うの。その修羅場を成り行きで、何も深く考えずに、なんとなく民間、なんとなく一部上場、なんとなく、学内講座・・・。いやいや。修羅場なんだから苦しくても努力しないとそりゃあ、人生が台無しになるのは当然のこと。そういうこと、学校の先生に習わなかった?

習わなかったんだよね。そういう人は。ちゃんと自分のこと、大事にしようね。公務員の勉強、やる気が起きないとか言っている受験生も同じ。一生いってろよ、と思います。別にあなたの人生だからそれで僕は痛くもかゆくもないけど、本当にそれでいいのかな?

まあとにかく、来年は大不況の入り口。2年半後は無理に作ったアベノミクスの山のせいで、民間はひどい目にあうでしょう。さらに、経済効果としてはかえってマイナス効果が多い、2020TOKYO.国立競技場なんて新しく作ったら、五輪後の維持費が膨大で、目ん玉飛び出るぐらいの赤字になるのでは? そのつけはまた、国民です。

就職は1に安定です。2にやりがいです。
決して、ギャンブルでもブラックへの就職でもありません。

そんなの当然じゃないかというでしょうが、あなたの大学に行っても、早慶でも国立大でも、企業でも、そういう人が多数であることは、あなたが正常な判断能力を持っていれば、すでに気がついていることでしょう。

その時、みんながそうなら、おれもバカでいいやと思うのか、
いや、俺はそうはいかないよ。消費税を払うだけの家畜国民のようにはならない、と思うのか。

ま、そういうことです。言い過ぎでしょうか?

来年の公務員試験は倍率上がります。でも、まだ大したことないでしょう。だって、三年生が家畜人生まっしぐらですから。再来年の倍率は大変なことになるでしょう。大不況がはっきりしていることでしょうから。小泉改革の時もそうでしたが、カンフル打っても有効期限はだいたい3年間です。もう、効き目切れているでしょ。単なるカンフルですから、ずっと良くなるなんて考えるのが異常な頭です。構造改革とか本気でやれば別ですが、今の政権担当者がやったのは、機密保持法とか、集団的自衛権の解釈変更とか、消費税不況なのに8%アップとか・・・ですからね。

安倍さん信じますか? 今村信じますか?

*家畜人生
害意はありません。健康保険、年金、介護保険、税金、消費税将来は30%を払うために、ただただ働かなければならない(搾取されるだけの)若年層を、まるで家畜のように扱われている悲哀を、わかりやすさ優先で家畜人生といわせていただきました。他意はありません。もちろん、公務員のなかにも、奉仕の心0%の家畜人生を送る人がいるだろうし、民間にいっても社会貢献度の高い立派な仕事をえる人が多いことも付け添えておきます。


今村deEYE

11月11日の今村特別講演会(兼入門講座)EYE水道橋校

資料で配るのは、これからの世界、これからの日本がどうなるかのデータ三昧。これからさらに、日本人を60年間はやろうとしている、20代の若者へ。こういうことを本来、大学も、学校の先生も親もOBOGも教えないといけないと思う。だから明日、はなしますね。プラス一番大事な公務員試験の本試験日変動のはなし。シュウカツの解禁日も動くのだし、来年は不況への再下降スタートの年なので、いろいろ大変そうだ。財務省も財務大臣も消費税10%やりたいだろうが、安倍さんは本心、やりたくないのではないか。でも、日銀が採決5対4の僅差でGOした、第二弾金融緩和。これやっちゃって、いまさら、消費税再増税できません、しません!と安倍さんいえるか?ま、やっちゃえば、超不況巻き戻しだし、延期でも、消費税8%のうちにバンバン何か買っておこうという盛り上がりは今回はあんまりないでしょうから、延期でも再増税でも、不況は不況、ということになるんだと思います。後は、雇用は遅行指数なので、いつまでもつかということ。すでに、パートさんの時給はいち早く下がり出しましたね。これは先行指数だから。企業はまずは、パート、バイトの時給をさげ、次に派遣、そして、正社員の順です。当たらない予測は、私、致しません。

今村塾参加者への告知

内部受講生オンリー。今村塾。

今期は2回完結でまいります。
3時間。うち休憩は1回とります。
レクチャーは30分以内。残りは全部、実践になります。

チューターゼミに出ている人もそうでない人も、平等にあつかいます。

公務員ES(面接カード)用に、志望動機、自己PR,やりたい仕事、学生時代力を入れたこと、アルバイト経験、ゼミ、サークル、友人関係、アベノミクスについて、最近関心を持った時事、ぐらいは今できる範囲で、まとめてきてください。話す練習は当日で構いません。そのための今村塾です。

実践内容ですが、あくまで練習なので、出来なくても、うまくしゃべれなくても、いっこうにかまいません。まずいのは、本番で失敗することですから。

本番までにいっぱい練習して失敗して、ある意味、こういう感じでうまくいく、失敗する、その自分パターンをわかっておく、ということです。

当然、今村塾二回目のほうは、極めていきますから、レベルは高くなります。今回は所詮1回目ですから、大したレベルではありませんが、気力のインパクトは、絶大です。それは当然、勉強のモチベーションになります。

教壇に立つ機会は少ない私ですが、やるときはやる。それは私の人生のコンセプトですから、参加者である方も、その気持ちで準備し、やってきてください。当日は最高のスペースパワーが、教室を包むことでしょう。間違いありません。筆記用具は必ず持参。面接カードもコピーして人数分用意してください。これがないと、実践できません。スーツ着用は不要です。私服でいらしてください。2回目はスーツ着用を予定しています。


来年受かってしまうのが一番いいです。
再来年は相当な不況となっているでしょうから. 

by imamura

景気腰折れ決定。新卒雇用崩壊も近づく。無料セミナーその内やります。


2020TOKYO決定で、どうにか持っていた景気も消費税アップで完全にダウン。それでも財務省は、消費税10%をもくろむでしょうから、やはり、安倍さんは12月に決定してしまうでしょう。どんなに頑張っても半年延期がやっとではないか。そう思います。まずは、最新の小売業種のデータをみて。

日本の小売市場は凄惨な状況になりつつあります。

売上高の推移
イトーヨーカドー   マイナス4.1%
ローソン       マイナス6.8%
マクドナルド     マイナス25.7%
ドトール       マイナス1.2%
オートバックス   マイナス6.5%

コンビニで前年比プラスはセブンだけ。あとは総崩れ。セブンはどうして
前年比プラスかというと、年始から300商品のPBを入れ替えてきたから。
つまり、これは分かりやすくいうと、他のコンビニから客を奪ったとということ。さすが、鈴木会長!

デパート昨年比マイナス。えーっ。中国人倍増で、高額商品買いあさってるでしょうに。中国内では倹約令が出ていて、金使うと睨まれるということで、日本に来て金使う中国富裕層。なのに、デパート前年比マイナスということは、
どんだけ、日本人が消費を止めてるかということ。


参考になるデータがある。
日銀がまとめた九月の消費者調査。景況感悪化と答えた消費者は前回6月調査と比べて8%アップの31.5%。1年後についても今より悪くなるとこたえた人が4.1%アップ。

これはなぜか?
実質賃金の減少だ。物価はどんどんあがってる。アベノミクスはそれを上回る賃金アップを狙っているが、とん挫している。臨時国会での安倍首相の答弁は、これからあがる・・・・。

いやはや、そういうしかないね。ということ。
今般この一カ月で6円以上の円安。この国の構造は、輸出大国なんかではありませんぞ。輸入大国です。ガソリンが良くあげられるけど、食料品だって、穀物・飼料だって、輸入だね。輸出なんてGDPの15%しかない。だから、
円安で儲かって収入上がるのは、一部の大大企業だけ。その企業だって、原材料はほとんどが輸入。それに、ずっとすでに工場なんか海外に多くを移した後なので、円安で凄く儲かるのでもない。実際、輸出額増えてこないでしょ。

も1つ。GDPデータ。これも覚えておこうね。日本のGDPの6割は個人消費。6割だよ。なら、景気良くするのは個人消費が上向かないとだめなの。

民主党政権が倒れ、アベノミクス、日銀異次元緩和がなされ、2020TOKYO決定もあって、3月まではどうにかもってた、景気ももう腰折れしたと私は判断。ここにさらに、天候不順だの台風だの噴火だの、どんどん悪いことが起こっている。

それでも能天気学生は、雇用は崩れないと予測するのかな。馬鹿だね。
これで景気よくなる、経済学入らないね。

8月の最新データを見ても車の売れ行きが超悪い。軽自動車すら売れない。
不動産は、新規マンションが建てられなくなってきてる。人件費、資材高騰だから。こういう高額商品うれないのは、不況の象徴。

ここで今までならデフレに逆戻りで、値下げ、値下げだった。でも、今の企業は値下げの余裕なし。だって、原材料高騰、円安ですから。

ということで、民間就職するならトヨタとか一部の企業に。
公務員は採用大拡張は来年も踏襲。2020TOKYOありますから。経済折れてもここはやるしかないの。
受験技術の御上手な学生も未来予測力0の人が多数なので、そういう人が公務員試験土俵に戻ってくる前に、受かってしまおうは、前から言ってること。

もう本当に、日に日に悪化している経済。
株価もGPIFという年金の資産でPKOしちゃう、つまり、国民の金を使って株買っちゃえ攻撃の告知で外人が買っているだけ。このPKOというのは
宮沢内閣のときやったんだけど、あっという間にメッキがはがれた。なぜか?
だって、買いを続けられないから。資金には天井がある。そっから先は下がるだけ。だから、現在の株高は、ある種のバブル。

御岳山の噴火も象徴的。大地震は近づいているのだと思う。東日本大震災を2週間以内で的中させた顧問に、相変わらず入会している。問題は日本のどこで起きるのか、あるいは、大噴火なのか。

いずれにしても行政、役所、警察、消防、自衛隊の圧倒的な使命は
国民の命を守る、救済するということだろう。気象庁の予知部門は、
まじどうにかしてほしい。期待できないから予知の顧問に入っているわけだが、一番データ持ってるのは、気象庁でしょ、といいたい。国民の命の為に頑張れ。

水害で、市役所、区役所は大忙しだ。役に立っているんだよ。横浜で保育園の子、ボートで救出してたね。ああいうこと子と、まさに公務員の仕事。

受かりもしない学内講座ならやめちゃいなさい。
安くても受かんないなら銭失いの象徴でしょ。
大手資格校も、面接受かんない、内定とれないってわかったでしょ。

皆さん、判断力しっかり持って、自分の未来をしっかりつかもう。

今村EYE

やっぱり正解。公務員の選択。消費税10%決定で来年の景気と雇用は?

今年めちゃめちゃ受かってるEYE.
九月の市役所でもめちゃめちゃ受かるでしょうから、
ほんと、今年の公務員試験はお得でした

民間も労働条件悪い会社は内定出しまくりでしたから、数字の上では
楽になった就職戦線。まあ、来年の4月にどうなっているかです。

来年は相当景気悪くなっているでしょう。
今のうちから準備して公務員の勉強していて本当に良かったね。
言っている受講生の姿が目に浮かびます。

だって、この景気すでに腰折れしているのに、安倍さんは消費税10%決断するしかありませんからね。財務省もIMFも許しませんから。国際公約のようなものですから。これを裏切ったら、国債たたき売られるかもしれませんから(実際は脅しで売られないと私は思いますが)。さあ、12月。消費税10%アップは1年延期とか安倍さんいうでしょうか?

言っても地獄。言わなくて予定通り実施しても地獄。
同じ地獄ならきっと、予定通りなんでしょう。

ならば、景気は大変なことになる。それは十分予測できるけど、
やらざるをえない1000兆円の借金。ということはまた、ばらまきの補正の
登場でしょう。噂では年金代を1年とか半額にします、とかでてます。
まじか?
ようはもう減税とかできないんで、代わりの策ってことらしい。まあ、噂なのでスルーしてもらって。ただね、年金払ってないのがいっぱいいるから、
払っている人に恩恵って路線はありなのかもね。
だったら、医療費1年使わなきゃ、一万プレゼント!とかあっていいね。これなら若者諸君は、けっこうもらえる人多いんじゃない?

官僚も政治家もがんばってほしいな。この国は。

今村EYE

今年から大チャンスの公務員試験。早くうかるが勝ち。

今年、面接まで受かっている人はしっかり、採用面接試験受かっておきましょう。
前々から求人失敗企業の、今期採用拡大なのに、マスコミは内定率拡大の報道。あーあ、もうインチキ報道よそうよ。

離職率低いいい企業は相変わらず狭き門でしょ。
サービスとか流通とか教育とか飲食、実際、労働条件、福利厚生ともきついからね。
銀行なら稼ぎはいいけれど、むかしの給与と比べれば随分目減りでしょう。
それなのに、精神的負担は拡大中。
いやいや、好きな人はいいのですよ。そういう仕事。
でもね、人の為におかねで動くんじゃないっていう、公益タイプの人が
マスコミの口車にのっての、就職活動じゃね。

四月に就職したらすぐ気付くと思うけど。
だから、それがわかっている人は4年生でも、公務員チャレンジでいいと思うよ。おかねが無ければ独学でやってごらん。

都庁合格者の8割が予備校利用者。逆にいえば2割いるんだよ。独学。
独学の人は、理系の人。文系でも数学得意な人。あとは、国立大、早慶一般入試組とかのよう。

学力格差とか教育格差とかいうけど、親の収入格差が大きいのは皆さんも知っていること。たまに、お金持ちの親でも子供の教育費もったいないという人も
いるけど。まあしょうがないよね。そういう場合は。

私も私企業の一員ですから、いいサービスをやたらに安くはできません。
でもね、無駄な校舎展開とか、やたらに多い社員採用とか絶対にしない。

代ゼミに就職した人も、受講生もアンラッキーだね。EYEは実質無借金ですから安心して勉強すればいいよ。

2020TOKYOボランティア

同タイトルの本が、アマゾンなどで売れています。
えっ。まだ、6年も先でしょ?
いいえ、そうでもないです。
長野オリンピックの際でも4年前からボランティアの募集ははじまりました。
長野は冬季ですから規模がまったく異なります。今度は夏季ですから、
4年前でも遅すぎるかもしれません。
私も1冊、同タイトルの本を購入して読んでみました。

ボランティアとは言ってますが、ほとんどスタッフのような仕事多数です。
たとえば、通訳、グッズ販売、競技運営補助、食事サービス、選手村での
ホテル業務、清掃、警備、翻訳、VIPの接遇、聖火リレー補助、開会式補助、メダルセレモニー補助、医療、ドーピングコントロール、広報、メディア対応、…これ、全部、ボランティアの仕事ですって。

道案内とかがメインと思って思っていたら大違い。
しかも、どの仕事も、語学がある程度堪能であることが基本条件。
TOEICでいうならば、スコア600ぐらい。しかも、聞ける、しゃべれることが、採用条件。

もちろんボランティアは、日本人だけでなく、世界各国からきます。しかも、
交通費、滞在費自腹で。

足元では、消費税アップの煽りと、実質賃金減少(消費税アップ分と物価上昇分よりも、賃金アップが負けている状態)で、4-6月期のGDPは
東日本大震災時同等のダウン。

安倍さんは消費税10%アップにしてしまいたいので、補正予算を無理やり
繰り上げ行使して、公共投資、つまり道路工事中心に、GDPをあげちまえ、という作戦にでています。これが、労務費をあげ、資材費をあげ、
マンション単価をあげてしまいました。経済財政大臣の甘利さんは、想定の範囲内と記者会見でいってましたが、目は笑っていませんでしたね。

だれが見ても想定の範囲外のダウン。
7-9月期のGDPもこの通りのていたらくであった場合、雇用も景気も
国民の消費も全て腰折れということが白日にさらされることでしょう。

ということは、今年の就職活動が頂点だったということでしょうか。
その気配は濃厚だと私は思います。そして、バイトも集まらない会社の内定を
2つ3つとった学生たちにとっては、来年の4月1日はつらい門出になっていることでしょう。

今年、公務員試験受かった人は本当に良かったですね。市役所受ける人、今年受かってください。
日経新聞朝刊8月19日によると、男性若年層社員の51%が転職希望とか。
早く、転職しないと、またもや繰り返しの経済トレンドとなりそうです。

だって、総理がだれでも財務省は消費税10%にしますから。IMFは早く
15%にしろよ、と言ってますから。

老人多く、医療費、年金支給膨らむこの国において、上げるしかない税。
アベノミクスによる株価による資産効果、2020TOKYOの決定による
国民の気の変化で、3月まではどうにかやってきましたが、景気はこれからは
日に日に悪くなっていくでしょう。

2020TOKYO決定で、半年は寿命が延びた景気状態。
でも、そろそろ終了のようです。


景気が落ちてからの転職活動は大変です。動くなら今からでは?
学生さんも、バイトすら集まらない会社の内定なら山ほど取れるでしょうが、
「ありがとう」といってもらえる、愛されお仕事ということになると、
来年は苦しくなるのでは、と思います。

まあ、就職してしまえばそんなの関係ないと思うかもしれませんが、間違えて採用された大量のバブル入社組はその後、大量リストラとなり、40代の今でも派遣社員、期間工、フリーターなど、不安定な状況が続いています。
企業は、人事政策、雇用政策を誤るのは、日常的です。で、間違えるとどうするか?というと、首を切ります。切れない時はリストラ部屋に収監です。

知らないというのは、能天気なことです。
この国で、景気や雇用が3年以上よいなんてことはもう起こらない。
それは、人口構成、社会福祉費、税金、この3要素で決定済みのこと。あとは、その中で、国民を幸せにする、災害に強い国、社会的インフラの修復、
教育の再生、福祉レベルの維持をどうやっていけば、できるのかを考える
べきなのです。

安倍さんにそこまで期待してはいけませんか?